第06回CLIPセミナー 共同研究開発・社内教育 中・上級

テーマ
共同研究開発・社内教育
日時
2011年6月23日
概要

他企業・他大学での共同研究・開発の成果を企業の利益に結びつけるためには、法務・知財業務が極めて重要になります。
また、企業内での法務・知財業務は、社内で開発者、経営者と密に連携しながら行わなければ成果は出ません。そのためには、社内での情報発信・教育・コミュニケーションが重要です。
今回は、共同研究・開発に必要な知財・法務業務、並びに社内教育等をテーマにセミナーを行います。

第1部 講師:松下
   ・共同研究・開発に必要な知財業務
   ・共同出願、共有特許の注意点
   ・知財業務に必要な社内での情報発信、技術者・管理者教育

第2部 講師:石橋
   ・共同研究開発のリーガルリスクマネジメント
   ・外国企業と共同開発契約を締結するときの注意点
   ・大学と共同研究契約を締結するときの注意点
   ・本テーマに対応できる法務人材を育成するには

参加者の声

【知財セミナーの感想】
大変良い。具体的で、ノウハウが得られた。
共同発明、出願について気になる部分があったため、参考になった。

【法務セミナーの感想】
具体的な例を用いて説明頂き、今後の役にたつと感じた。
事例に基いて大変わかりやすく説明していただきました。大変おもしろかったです。
講義の内容ももちろんですが、質疑応答が実務的で非常に良い。