CLIPについて

CLIPの事業活動は、企業法務・企業知財専門家による情報提供、企業法務・企業知財業務の支援コンサルタント、セミナー等の実施による企業法務・企業知 財の人材育成、企業法務・企業知財リスク診断/企業法務・企業知財の見える化のマネジメントのサポート、製品企画・開発アドバイス等であります。
CLIPは、入会登録の事務手続きは必要ですが、入会金は無料であり、各セミナーも原則は無料です。
そして、セミナーのテーマは、中小企業で法務・知財担当者がいない、もしくは兼任等で、法務や知財について知識が殆どない人から経営者まで参加できるように選定しています。

CLIPへ参加することにより、法務・知財業務の全体像をつかむことができ、重要な業務の欠落によるリスクを減らすことができます。特に外国での事業には 法務・知財リスクが大きいため効果的です。経験豊富な実務者が社内にいなくても担当者を育成することもできます。高額で断片的な内容の有料セミナーを受ける必要がありません。弁護士や弁理士に適切な業務を依頼できるようになります。経験豊富な企業法務・知財の専門家に具体的な案件を相談できます。守秘義務がある有資格者等が対応します。他の会社の法務・知財担当者と交流ができ、情報交換ができます。

協会概要

協会名
企業法務知財協会 英語名:Corporate Legal & IP Association (略称:CLIP)
所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田3-6-20 いちご西五反田ビル8F
IPP国際特許事務所内 企業法務知財協会事務局
URL
http://www.clip-jp.org/
Email
info@clip-jp.org

役員紹介

matsushita
代表理事兼企業知財委員長:松下昌弘氏IPP国際特許事務所 所長・弁理士)
国内外の商標・意匠・特許権利化業務を1,000件以上扱った実績がある。
ビジネスへの権利活用支援に強い。
IPトレーディング・ジャパンにて、数十社の知財コンサル業務を行った。中堅企業の視点に立ち、知財をビジネスに活用する戦略が得意。 中国での商標、特許の権利化実務に強い。

執筆:
「中国ビジネス最前線」http://www.amazon.co.jp/dp/4778201159/
その他 著作物等→http://www.ippjp.com/profile/06.html
ishibashi
企業法務委員長:石橋 秀喜氏株式会社プロファウンド 代表取締役)
東京都庁、オリンパス、アクセンチュア、アルプス電気、IPトレーディング・ジャパン等を経て、プロファウンドを設立。
大手企業の法務責任者としての豊富な経験を基に、企業の法務の支援をしている。
米国ニューヨーク州弁護士、米国公認会計士、米国経営学修士(MBA)、行政書士。
民間・公的機関主催のセミナー、社内研修講師の経験多数。特許小説「パテント トロール」の著者でもある。

fukasu
顧問:深須 孝夫氏(元アルプス電気(株) 知的財産部長)
アルプス電気株式会社の知的財産部長を17年務め、現在、IPP国際特許事務所顧問
・日本知的財産PATポートフォリオ作成のためのPatentMap策定
・台湾、韓国、中国企業の電子部品の模倣品対策のため特許警告、係争、交渉、訴訟
・欧米企業との特許係争、交渉(顧客の特許侵害、ITCの支援を含む)
・事業撤退に伴う特許、ノウハウ等の知財売却 等に係る。