第30回CLIPセミナー 知財戦略立案&英文製造委託契約の実務(基礎編) 中・上級

テーマ
知財戦略立案&英文製造委託契約の実務(基礎編)
日時
2013年4月22日(月)
14:30~17:40(14:15受付開始)
費用
無料
概要

(一部) 近年、知財業務の成果が問われるようになり、受け身の知財業務から、知財業務でどのように自社事業に貢献できるかを能動的に考える必要があります。知財戦略立案には、自社の事業戦略を前提に、自社が事業で勝つために知財業務において何をすべきかを考えることになります。各企業において、知財戦略立案を行う際に役に立つと思われる項目をピックアップしてお話しします。
(二部) 製造コスト削減のため、中小企業であっても、海外の企業に自社製品の製造を委託しなければならないケースは増えています。そして、製造委託の現場ではいろいろな問題が起きています。特に、中堅・中小企業が中国企業に製造チアくする場合に焦点をあて、その注意点を契約実例をもとに解説いたします。

セミナー内容

(一部)
1.企業における知財戦略とはなにか
2.優れた知財を戦略的に創造するためには
3.知財の戦略的保護
4.権利の戦略的活用
5.外国知財戦略

(二部)
1.製造委託とは何か(ほかの海外進出方法との違い)
2.海外の企業に製造委託する場合に特有のリスク(製造委託の現場ではどのような問題がおきているか)
3.製造委託に関するビジネスリスクを契約で軽減するにはどうしたらよいか
4.英文製造委託契約の実例の解説

対象
企業で法務・知財業務に携わる方(法務、知財ご担当者、開発ご担当者、企業経営者様)、経営コンサルの方
会場

五反田ゆうぽうと(JR五反田駅西口徒歩約5分)

定員
25名 ※お申し込み多数の場合はお断りする場合がございます。
参加者の声

【第1部(知財セミナー)の感想】
知財業務レベルの説明で当社の位置が把握できました。
知財評価と国内外知財業務のコスト削減について大変参考になった。

【第2部(法務セミナー)の感想】
大会社法務全般と他社の状況が分かり勉強になりました。
実務に直結する内容が多くあり、大変参考になりました。