特許調査

事業を進める上で、企画ステージから市場投入の販売ステージのまでの間、各種の特許調査活動が必要となっています。
先ず、企画ステージにおいて行う先行技術調査です。企画ステージにおいては新製品・新規事業の市場と事業(開発技術)を選択する調査があります。
その開発を選択する特許調査として、先行技術調査があります。この先行技術調査は先行技術としてどのような技術があるかを特許公報で調べる調査です。特許調査の結果を開発ナビマップとしてまとめることにより、開発をナビゲートします。

各事業ステージにおいて、特許出願を行うときに必要な調査として、その発明の特許性を調査する新規性調査があります。この調査は各事業ステージにおいて届出された発明に新規性/進歩性があるか否かを調べる調査です。
量産技術が確立した事業ステージにおいて問題となる第三者特許を確認する方法として侵害防止調査があります。この侵害防止調査は対象製品または技術が抵触 する第三者特許があるかを調べる調査です。この調査は第三者の問題となる特許を確認し、リスク判断を行うものです。このリスクとはこのまま次の販売ステー ジに進んで良いかを判断するためのものであり、もしこのリスクを回避できなければ事業の中止もあると思います。

なお、事業リスクがある第三者特許を発見した時にその特許が有効か否かを調べる調査として無効資料調査があります。しかしながら、この調査は主観的な判断が入る恐れがあり、注意を要します。

1. 知財調査活動

patent-search-01

2. 特許調査の支援内容

1. 目的:
知財業務のタイムリーな活動報告を行うために、特許調査及びその調査の後工程の業務を連鎖して支援します。

2. 特許調査の種類:
① 新規性調査
 出願するに際して、対象発明に特許性(新規性、進歩性)があるか否かを調べる。
② 先行技術調査
 先行技術としてどのような技術があるかを特許公報で調べる。
 開発ナビマップを作成する。
③ 侵害防止調査
 対象製品又は技術が抵触する第三者特許があるかを調べる。
④ 無効資料調査
 対象特許の有効性を調べる。

3. 知財マップの例

patent-search-02