第81回CLIPセミナー 『知財戦略立案』&『取引基本契約の基礎実務』セミナー 中・上級

テーマ
『知財戦略立案』&『取引基本契約の基礎実務』セミナー
日時
2017年7月31日(月曜日)
14:50-17:40
費用
無料
概要

(1部) 近年、知財業務の成果が問われるようになり、受け身の知財業務から、知財業務でどのように自社事業に貢献できるかを能動的に考える必要があります。
知財戦略立案には、自社の事業戦略を前提に、自社が事業で勝つために知財業務において何をすべきかを考えることになります。各企業において、知財戦略立案を行う際に役に立つと思われる項目をピックアップしてお話します。
(2部) 取引基本契約は、実務上関わることが多い契約の1つです。昨今の取引基本契約は、条文数も多く、法的リスクを正しく理解し、対応することが容易ではなくなりつつあります。一方、実態はと言えば、顧客から雛形を提示され、ほとんど修正をしないまま契約を締結しているケースが多いと認識しています。本セミナーでは、民法改正の内容も踏まえて、取引基本契約に係る法的リスクを明らかにし、雛形の提示に対しどう対応をすべきか解説いたします。

セミナー内容

第一部
1.企業における知財戦略とはなにか
2.優れた知財を戦略的に創造するためには
3.知財の戦略的保護
4.権利の戦略的活用
5.外国知財戦略

第二部
1.取引基本契約の目的と構成
2.重要なチェックポイントとリスクの把握
3.対案の提示と契約交渉の方法
4.取引基本契約と収入印紙

対象
企業内法務・知財業務に携わる方(法務、知財ご担当者、開発ご担当者、企業経営者様)、経営コンサルの方
会場

スタンダード会議室 五反田ソニー通り店
東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル 6階E会議室

定員
30名