第36回CLIPセミナー 『知財戦略に即した特許出願業務と出願書類』&『研究開発を前提とした英文秘密保持契約の実務』 中・上級

テーマ
『知財戦略に即した特許出願業務と出願書類』&『研究開発を前提とした英文秘密保持契約の実務』
日時
2013年10月31日(木)
14:30~17:40(14:15受付開始)
費用
無料
概要

第1部
事業に貢献する知財業務をするためには、事業分野における自社のポジションを把握し、競合他社を意識した知財網を構築するように知財権を取得する必要があります。そのために、どのように出願対象を決めるか、また、どのような権利を取得すべき、出願書類はどのようにすべきかについてご説明します。

第2部
秘密保持契約は、将来の取引形態によって変わってきます。特に、外国企業と研究開発を前提とした英文秘密保持契約を締結するときには、一般的な秘密保持契約とは異なる注意が必要です。この注意点をサンプル契約を用いて説明いたします。

セミナー内容

第1部 (講師:松下)
1.事業戦略と知財戦略
2.知財戦略のなかでの出願戦略の目的
3.効果的な知財網を構築するために
4.目的を達成するための出願書類

第2部 (講師:石橋)
1.なぜ秘密保持契約を締結するのか
2.秘密保持契約の種類と相違点
3.英文秘密保持契約のポイント
4.サンプル英文秘密保持契約の解説

対象
企業で法務・知財業務に携わる方(法務、知財ご担当者、開発ご担当者、企業経営者様)、経営コンサルの方
会場

五反田ゆうぽうと(JR五反田駅西口徒歩約5分)

定員
25名 ※お申し込み多数の場合はお断りする場合がございます。