第40回CLIPセミナー 『東南アジアの商標制度と侵害事例』&『知的財産部員及び技術者のための契約基礎講座』 中・上級

テーマ
『東南アジアの商標制度と侵害事例』&『知的財産部員及び技術者のための契約基礎講座』
日時
2014年1月27日(月)
14:30~17:25(14:10受付開始)
費用
無料
概要

(1部) 東南アジアの国々が生産拠点としてだけでなく、市場としても着目されているなか、企業において、これらの国々でどのような商標戦略を立てるかが重要になっています。
商標戦略を立てる上で必要となる各国の商標制度と、商標侵害事例について説明いたします。
(2部) 知的財産部や開発部などが契約にかかわるケースが増えています。必要であれば、契約内容のチェックもしなければなりません。そのためには、最低限の契約に関する知識を身に着けておかなければなりません。本セミナーでは、法律を専門としない方に対して、契約の基礎をわかりやすく説明いたします。

セミナー内容

第1部 (講師:松下)
1.外国商標の概要
2.外国商標制度と侵害事例
シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン
3.外国商標戦略

第2部 (講師:石橋)
1.契約とは何か?
2.なぜ契約を締結するのか?
3.契約内容をチェックするときに注意すべき点
4.契約の失敗例と成功例

対象
企業で法務・知財業務に携わる方(法務、知財ご担当者、開発ご担当者、企業経営者様)、経営コンサルの方
会場

五反田ゆうぽうと(JR五反田駅西口徒歩約5分)

定員
25名 ※お申し込み多数の場合はお断りする場合がございます。